有料老人ホームの入居契約前のポイント

有料老人ホームの入居契約を交わす段階でも、
もう一度しっかりポイントをチェックしましょう。

 

身元引受人

 

入居の場合、ほとんどのホームが身元引受人が必要です。

 

身元引受人とは、本人が病気になったときの連絡先になったり、
介護が必要になったときや本人の判断能力が低下したときに
入居者の立場に立ってホームとの話し合いや相談に応じる人のことです。

 

ホームに対する債務の連帯責任を負ったり、
死亡時(退去時)の本人と所持品を引き取る等もします。

 

このような身元引受人になる人は、
契約内容や入居者の権利や義務についても理解しておく事が必要です。

 

金銭的なことに関しては、家族内でもトラブルの元になります。

 

いざと言うとき、誰が責任を負うのか、
資産は誰が管理するのかなど、
契約の前には家族で話し合いをしておく事が必要です。

 

入居後の訪問

 

本人は、慣れないホーム生活で、
家族の訪問は大きな楽しみとなります。

 

家族がしばらく誰も来ないとなると、
精神的にも不安定になりがちです。

 

順番を決めたり曜日を決めるなどして、
契約前に入居後の訪問についても家族で話し合っておくようにしましょう。

 

本人の意思確認

 

嫌がっているのを無理やし入居しても、
すぐに退居と言うことになりかねません。

 

よほど酷いホームでなければ、
一人暮らしの不安もなく、
スタッフも常に優しく声を掛け気遣ってくれます。

 

しかし、入居前には、再度本人の意思を確認しておきましょう。
どうしてもいやな場合は、少し時間をおいて
ゆっくり考えるのも一つの方法です。